板橋茶論の足跡

第1回例会(2009年1月19日、富士見地域センター)
千種伸彰(テレビ報道ディレクター)「僕がコスタリカを取材したわけ」
第2回例会(2009年2月9日、富士見地域センター)
有田芳生(ジャーナリスト)「カルトと現代社会」
第3回例会(2009年3月16日、小豆沢二丁目集会所)
鈴木剛(フリーター全般労働組合副執行委員長)「派遣村から見えた日本の今」
第4回例会(2009年4月6日、富士見地域センター)
多田純也(板橋区保育園父母の会連絡協議会)「板橋区は子育て先進区?!—板橋で保育の今を考える」
第5回例会(2009年5月31日、富士見地域センター)
武田和夫(死者はまた闘う—永山則夫裁判の真相と死刑制度』著者)「永山則夫が現代に問うもの」
第6回例会(2009年6月22日、小豆沢二丁目集会所)
関口久志(“人間と性”教育研究協議会)「子どもに伝えたい『こころとからだ』のこと、いつから?どこまで?―七生養護学校の性教育実践から考える」
第7回例会(2009年7月13日、小豆沢二丁目集会所)
山本裕(香川大学教員)「僕が大連でみてきた日本語学習者」
第8回例会(2009年10月5日、富士見地域センター)
農宗靖也(大山ハッピーロード商店街)「板橋でインターネット放送局を立ち上げる―板橋区大山ハッピーロード商店街「ハローTV」の試み」(コメント、岡部拓哉・新聞マンガ研究家)
第9回例会(2009年11月22日、まちあるき第1弾)
武田和夫さんと歩く「山谷めぐりツアー」
第10回例会(2010年5月1日、富士見地域センター)
長島洋介(㈱昭和技研社長)「戦後日本をプラスティック加工の技術者として生きる」
第11回例会(2010年6月5日、富士見地域センター)
井垣寿子(みらいネット高島平)「高島平団地のまちづくりと市民」
第12回例会(2010年7月4日、まちあるき第2弾)
井垣寿子(みらいネット高島平)さんと高島平団地を歩く
第13回例会(2010年7月22日、清水町第二集会所)
渋谷修(元衆議院議員)「菅政権、どうみるか―「失われた10年」はまた続くのか」
第14回例会(2010年8月21日、富士見地域センター)
折原良樹(都内大手書店勤務)「子どもの貧困と現代の児童文学」
第15回例会(2010年9月27日、清水地域センター)
岩井篤正(「ラーメンいわ井」店主)「ラーメンいわ井」店主の戦後
第16回例会(2010年10月31日、富士見地域センター)
佐藤博(元、板橋区中学校教員)「子どもと生きる―中学校の現場から」
第17回例会(2010年12月18日、カフェグリーン)*みらいネット高島平と共催
「あなたは裁判員として死刑を判断できますか」
~韓国ドキュメンタリー映画『赦し・その遥かなる道』上映+意見交流会~
第18回(2011年1月15日、富士見地域センター)
和田悠(日本学術振興会特別研究員)「地域民主主義って何だ?!―1960年代の保育所づくり運動の経験から考える」
第19回例会(2011年2月13日、富士見地域センター)
「町かどで政治を語ろう! 板橋茶論政治カフェ」
~区議会議員・区議会議員選挙立候補予定者を招いての意見交換会~
第20回例会(2011年3月7日、富士見地域センター)
黒川滋(自治労中央本部、現朝霞市議会議員)
「日本社会党は何だったのか―運動の現場を歩いて」
第21回例会(2011年4月10日、志村地域センター)
森美枝子(東武労組女性運動史研究会)「女性が働き続けることの戦後史―〈私〉と東武労組婦人部の経験から」
第22回例会(2011年5月1日、カフェグリーン)
「東日本大震災の〈経験〉を語り合う―新しい一歩を踏み出すために」
千種伸彰(板橋茶論)「映像と報告 被災地を歩いて」+リレートーク
第23回例会(2011年6月12日、清水地域センター)
大橋史信(板橋の無料学習塾 ワンダフルキッズ)「格差社会のなかの地域と教育」
第24回例会(2011年7月31日、富士見地域センター)
千代崎せつ子(会社事務職員)「私が韓国を旅する理由」
第25回合宿例会(2011年8月20日~21日、秩父「霊泉温泉 不動の湯」)
「小田実「世直し論」の問いを受けとめる」
武田和夫(板橋茶論)小田実『世直しの倫理と論理』を読む
第26回例会(2011年9月30日、清水地域センター)
佐藤ナヲ(旅行会社勤務)「中国とつきあって―旅行会社からみる日中関係史」
第27回例会(2011年12月25日、富士見地域センター)
大桃伸夫(大桃豆腐)「豆腐屋が考える原発問題」
板橋茶論3周年記念シンポジウム(2012年1月21日、志村バプテスト教会)
第28回例会(2012年4月14日、見次公園集会所」
「板橋の脱原発運動、どうみるか、どうしたい!」
発言:小松容子、小山ひろゆき、佐々木健市、城倉啓、和田悠(さようなら原発@板橋ネットワーク)コメント:木下ちがや(政治学者)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>