3/13 子どもをケアする仕事の話:私のこれまで・これから

 2009年1月、かた苦しくない集まりとして、そしてちょっと文化的で硬派なテーマを語る場として板橋茶論は始まりました。普段、地理的に身近な場所に生活していても、交流を持つことはなかなかありません。職場であったり、同窓といった枠のなかでの人間関係が中心となりがちです。板橋茶論では、広く社会について議論する「サロン」という文化的つながり、世代を超えた人間的つきあいを地域のなかに紡ぎだすことに意味を見い出し、これまで活動を展開してきました。
 今回は、板橋区在住の加藤彩子さんに「子どもをケアする仕事の話:私のこれまで・これから」というタイトルで話題提供をお願いすることにしました。加藤さんは今年の4月から練馬区の公設民営の保育園で働くことになりますが、それまでにも板橋区内の保育園で保育補助の仕事、あるいは、いま話題の豊島区の要町あさやけこども食堂に関わるなど、子どもと関わることを仕事にされてこられました。他方で、保育士資格を取得され、4月から保育士として働くようになるまでのみちのりは、家族の介護の問題もあり、一筋縄ではいかないものであったときいています。
 板橋茶論は組織のかたちをとりません。入会手続きとか会費は一切ありません。加藤さんとも、板橋茶論という「サロン」的なつながりのなかで、ともにこの地域で生きてきました。板橋茶論をつうじてさまざまな地域の人間関係がうまれることは私たちの楽しみです。加藤さんと直接の面識がなくとも話をきいてみたい!という人の参加もまた歓迎します。

 日時 3月13日(日) 18時〜19時30分
 場所 板橋地域センター第1洋室
 【所在地】 板橋3丁目14番15号 
 【交通】 都営三田線「板橋区役所前」下車5分/東武東上線「下板橋」下車10分 
 話題提供者 加藤彩子さん「子どもをケアする仕事の話:私のこれまで・これから」
 参加費 300円
 お問い合わせ yuwada▪️rikkyo.ac.jp ▪️を@にかえて送信ください。
 板橋茶論http://itabashisalon.net/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>