集団的自衛権・憲法問題に関する緊急トークイン@本蓮沼ーー時代の危機を見つめ、考え、行動するために

 5月15日の記者会見で、安倍首相は集団的自衛権の解釈改憲に乗り出す姿勢を明確にしました。日本のみならず、世界から「危惧」の念がしめされても、連立与党のパートナーである公明党の慎重姿勢にふれても、安倍首相はかたくなに自らの「偉業」にこだわっているようにみえます。安倍首相の独断を許してしまったら、日本から民主主義が死んでしまう。まずは、私たちの身近な場所で憲法・集団的自衛権問題について話し合い、それぞれが、自分の政治的判断を行為として示していくことが大事ではないか、と思います。
 つまりは、いま、地域で「垣根」なしに、時代の危機、憲法の危機を見つめ、考え、時には民主主義のために行動すること。
 そのためには、まず危機をもった一人ひとりが、継続的に集まり、愚直に話し合うことが大事だと考えています。いつでも、誰でも参加できる誰もが実行委員会形式で、始めています。思い立ったらぜひご参加ください! 5月9日の板橋茶論「憲法カフェ」が起点となり、5月23日に高島平で有志で集まり、6月1日に有志で高島平でシール投票を行ない、今回が憲法問題では3回目の集まりになります。
 *託児付きです。子どもと一緒にご参加ください。その場合には事前に連絡をください!

日時:6月7日(土)19時頃から21時頃
場所:清水地域センター第2洋室(都営三田線「本蓮沼」下車5分)
   泉町16番16号
呼びかけ人:井垣寿子、城倉 啓、的早克真、和田 悠
(連絡先 和田 yuwada[at]jcom.home.ne.jp)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>