7/18 「原発と倫理」板橋茶論in世田谷

なぜ、原発に依存しない社会をつくることが大事なのか。脱原発とはどういう生き方であり、思想であり、どういう明日をつくることなのか。世田谷区在住の倫理学者の藤野寛さんとキリスト者の城倉啓さんの話を手がかりに考えます。

藤野さんは一橋大学大学院教授。専門は哲学・倫理学、現代ドイツ思想研究。『アドルノ/ホルクハイマーの問題圏』(勁草書房、2000年)、『高校生と大学一年生のための倫理学講義』(ナカニシヤ出版、2011年)ほか著書多数。
城倉さんは今年の3月まで板橋区志村バプテスト教会の牧師で、さようなら原発@板橋ネットワークのメンバーとして、板橋区内首都高5号線を走る核燃料輸送車の問題を追求し、区の地域防災計画改訂に際して、原子力対策を盛り込ませることに尽力されました。現在は泉バプテスト教会牧師、いづみ幼稚園園長。

板橋茶論in世田谷「原発と倫理」
日時:7月18日(木) 18時30分~21時
場所:泉バプテスト教会(世田谷区下馬)
http://izumi-baptist.org/about/map/

話題提供
・藤野寛(一橋大学大学院教授、世田谷区在住)
「原発は(なぜ)倫理学の問題になるのか」
・城倉啓(泉パブテスト教会牧師、いづみ幼稚園園長)
「地域からの平和的生存権:板橋の防災計画改訂にかかわって」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>