【3.10】私にとってのキリスト教、私にとっての社会運動

 3月の板橋茶論は、日本パプテスト連盟志村バプテスト教会牧師の城倉啓さんに話題提供をお願いしました。さようなら原発@板橋ネットワークのメンバーで、超党派の区議と協力しながら、板橋区と粘り強く行政交渉を行ない、今年度策定される板橋区の防災基本計画に原子力対策を盛り込ませた立役者の一人でもあります。3.11以前から城倉さんは原発問題と闘ってこられ、その経験をもって板橋の脱原発運動の理論的支柱として、運動を終始リードされてきました。また、ジェンダーの視点で聖書を読み解き、あらゆる性暴力に対して、家父長制支配に対して明確な批判意識をもち、教会という小さな社会の民主化についても実践されてこられました。今回は、城倉さんが4月より板橋を離れ、世田谷の教会に移られることもあり、送別の意味もこめて、集まりをもちたいと思います。城倉さんにはこれまでの運動経験について話してもらうことになっています。城倉さんの運動経験には、キリスト者としての思想や精神が伏在しており、今回の板橋茶論では、社会変革と宗教(信じること、祈ること)の関連を考えることにもなると思います。教会と同様、板橋茶論は誰もが参加できる開かれた場所ですので、どうぞご自由にご参加ください。

 日時 3月10日 18時〜21時
 場所 蓮根地域センター第1洋室
 【所在地】坂下2丁目18番1号 
 【連絡先】03-3969-5723【交通】 都営三田線「蓮根」下車5分
 話題提供者 城倉啓「私にとってのキリスト教、私にとっての社会運動」
 参加費 300円

【2.24緊急集会】考えよう、板橋の子育てー聞いていない!こんなに子どもの予算を削るつもり?

 現在、板橋区では平成25年(2013年) 度の予算を作成中。予算案をみると、春の親子遠足の廃止(区立保育園)、昆虫公園の廃止、こどもの池(夏の水遊び場)の廃止、児童館・社会教育会館・区立幼稚園の統廃合の検討、ホタル生態環境 館の廃止、私立保育園の補 助金削減などなど、子どもに関する予算が大幅にしかも短期 間に削減されることになっています。いくらなんでもこれはやり過ぎじゃないか。
 保育所も働く親の思いに見合ったスピードで は増えず、板橋の待機児童問題はかなり深刻です。 「保育所入所不承諾通知」を手に、4月からどうしたらいいのか、と途方に暮れている保護者も少なくないのではないでしょうか。
 そこで板橋の予算案の実態をまずは知り、子どもの未来を守るために、いま、私たちにできることは何かを平場で話し合う、緊急集会を開くことにしました。

日時 2月24日(日) 14時(13時30分開場)~17時くらい  
場所 常盤台地域センターレクホール(最寄り駅は東上線・上板橋!)
【所在地】 常盤台4丁目14番1号【連絡先】 03-3559-6560
【交 通】 東武東上線「上板橋」下車4分 東武練馬駅から常盤台駅行バス「教育科学館」下車1分
内容 
●板橋区の予算案を読み、考えたこと
・目黒亜紀さん(さかうえ保育園保護者)       
・関本邦夫さん(さくら保育園保護者)
● [話し合い]いま、 私たちにできること  

資料代(会場費として) 200円  
お問い合わせ 目黒(080-3466-2929)